So-net無料ブログ作成
Welcome to my blog.In my blog, it is written about daily home cooking for diabetics , carbohydrate restricted diet , favorite goods and the other interesting things.I am writing in Japanese because I cannot write a blog in English.Please read my blog on Google translation.Thanks.

2019年8月11日 おやつ編 3 ベリーズ抹茶チョコレート

自家製低糖質・高食物繊維おやつレシピカテゴリーのレシピ数が540を超えました。(こちらからhttps://rubiconman.blog.so-net.ne.jp/archive/c2306033572-1)



下記で紹介の材料で食べて健康になるおやつを試してください!

必ず糖尿病・ダイエット・便秘に効果を発揮するでしょう!!

但し、その他の糖質摂取を制限しないとだめですよ!!!


みなさん こんにちは



8月11日15時の外気温は、36度で晴れています。



ご参考まで。







15時のおやつにしましょう。



買い置きしているベリーズ抹茶チョコレートです。



おやつ3は、ベリーズ抹茶チョコレート、鉄観音茶。





CIMG5487.JPG






ベリーズ抹茶チョコレート30g(塩分量0.1g・糖質量15.8g・食物繊維総量0g・野菜摂取量0g・エネルギー量174kcal)食べました。



ベリーズ抹茶チョコレートは、砂糖、カカオバター、全脂粉乳、脱脂粉乳、抹茶パウダー、乳化剤(大豆由来)、バニラ香料を原材料として製造されています。



宇治抹茶パウダーが練りこまれており抹茶の深い味わいを楽しめます。抹茶パウダーには色素・香料等は一切使用していません。 価格が安くて菓子用だけではなくそのまま食べても十分に満足出来るのでお勧めのチョコレートです。



ご参考まで。







チョコレート・ココアの原料であるカカオ豆に含まれるカカオポリフェノールは、エピカテキンをメインとするいくつかの化合物の混合物です。これらはフラバノールともよばれます。



生活習慣病の改善などの健康効果を期待するには、1日に200~500mgぐらいのカカオポリフェノールを、毎日、何回かに分けて摂取することをおすすめします。



カカオポリフェノールは早く吸収されるため、その抗酸化作用は比較的早く発揮されますが、長時間持続することができないので、一度にたくさん食べてしまわないで、少しずつ食べることをおすすめします。



カカオポリフェノールの抗酸化作用による心臓病のリスク低減・動脈硬化の抑制作用や肥満、すなわち脂肪蓄積を抑える効果といった生活習慣病の予防効果、脳機能の改善効果などが研究成果として報告されています。



厚生労働省・農林水産省による「食事バランスガイド」では、「菓子・嗜好食品は一日に200kcalを目安とする」とあります。



これは1日に食べるいろいろな菓子・嗜好品の総エネルギー量のことです。板チョコレートですと、約35gが200kcalに相当しますが、その日の食事や年齢、体格によっても変わるのであくまでも目安です。



摂り過ぎると太る原因となりますので注意しましょう。



ベリーズ抹茶チョコレートにも温かい鉄観音茶です。



ご参考まで。







香りが高くスッキリとした味わいです。



おやつ3の塩分量合計0.1g・糖質量合計15.8g・食物繊維総量合計0g・野菜摂取量合計0g・エネルギー量合計174kcal。



引用元:日本チョコレート・ココア協会ホームページ




糖尿病ブログランキングは、こちらからどうぞ ⇧ ・ ⇩








アマゾンは、こちらから⇩








買い物するなら楽天市場で⇩







インターミッションです。旅行に行くなら便利な楽天トラベルで



共通テーマ:健康