So-net無料ブログ作成
検索選択
Welcome to my blog. In my blog, it is written about daily home cooking , diabetes carbohydrate restriction , favorite goods and the other things. I am writing in Japanese because I cannot write a blog in English. Please read my blog on Google translation. Thanks.

2017年8月12日 おやつ編 2 自家ロースト渋皮付きピーナッツ

みなさん こんにちは 8月12日13時の外気温は、33度で晴れています。 作り置きしていた生ピーナッツを自家ローストした渋皮付きピーナッツにしましょう。 13時のおやつです。 おやつ2は、自家ロースト渋皮付きピーナッツ、鉄観音茶。 CIMG0540.JPG 自家ロースト渋皮付きピーナッツ80g(塩分量0g・糖質量9.9g・食物繊維総量5.8g・エネルギー量468kcal)食べました。 ピーナッツは、南アフリカ産の小粒種です。 自家ロースト渋皮付きピーナッツの作り方は、オーブン鉄皿にクッキングシートを敷いて生ピーナッツを並べます。 小粒種なので予熱なし150度30分(大粒種の場合)ではなく150度20分オーブン加熱します。加熱後冷めるまでオーブンに入れておきます。 高温短時間で火を通すことも出来ますが、渋皮の苦みが強くなるので注意です。 完全に冷ましたら湿気るのを防止するためラミネート加工したチャック袋で保存しましょう。 市販品のように塩味は付いていませんが香ばしくて歯ごたえもいい感じです。 そしゃくするため小腹が空いた時のおやつに最適です。 食べごたえは、大粒種にかないませんが自家製低糖質おやつの材料で活躍しています。 ピーナッツ(落花生)の成分には、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(ビタミンB3)、50%近くが脂質で不飽和脂肪酸のオレイン酸と リノール酸、食物繊維、渋皮に含まれているポリフェノールのレスベラトロール、その他のミネラルとしてカルシウム・マグネシウム、亜鉛等も含まれます。 ピーナッツ(落花生)の効果について 1.抗酸化作用をもつビタミンEや体によい不飽和脂肪酸や整腸作用を持つ食物繊維が豊富に含まれているので、生活習慣病を予防する働きがあります。 2.脂質は、オレイン酸が多く、コレステロールを下げる働きをもっています。 3.若返りのビタミンといわれているビタミンEやたんぱく質を構成しているアミノ酸には血流を促進するアルギニンが豊富に含まれているので、美肌効果や老化防止に役立っています。 4.丈夫な骨を作るマグネシウムやカルシウム、味覚形成に必要不可欠な亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。さらにイライラに代表される心の健康に必要なビタミンB1も豊富に含まれています。 5.現代の食事は軟らかいものが多く、あまり噛まない食事のため、あごの発達が悪く、歯並びも悪くなっているといわれています。ピーナッツ(落花生)をよく噛むことで歯並びを良くし、さらに脳の働きも良くします。 食べるときの注意事項について 1.ピーナッツ(落花生)のカロリーは100gで585kcalあり、食べ過ぎると肥満につながります。 2.ピーナッツ(落花生)アレルギーのある人は原材料の表示をよく調べる必要があります。 3.ガン予防の働きがあるレスベラトロールはピーナッツ(落花生)の渋皮に含まれているので、これをとるためには渋皮ごと食べることが必要です。 自家ロースト渋皮付きピーナッツにも温かい鉄観音茶です。 香りが高くスッキリとした味わいです。 おやつ2の塩分量合計0g・糖質量合計9.9g・食物繊維総量合計5.8g・エネルギー量合計468kcal。 引用元:一般財団法人全国落花生協会ホームページ(落花生は有能食品) 糖尿病患者の糖質制限・血糖値対策におすすめ低糖質・高食物繊維の生ピーナッツは上記になります。

共通テーマ:健康